戻る

日和田山から北向地蔵・五常の滝、巾着田、高麗神社

2002年9月21日埼玉県日高市の日和田山(305m.)に登ってきました。登るというには低い山
ですが、登り始めてすぐの岩場は山歩きの楽しさを実感させてくれます。急な岩場を抜けるとそこ
が、最初の写真の眺望が開けてきます。そこが日和田山です。晴れた日には富士山から東京
都心まで見渡せるということです。この日は曇っていましたが、高麗川がΩ(オメガ)のよに蛇行
する巾着田がくっきりと見ることができました。それから山の尾根を一時間ほど縦走して
「北向地蔵」に至り、そこから下り、「五常の滝」を経て横手に出て、彼岸花の群生で有名な巾着田
に行き、その見事さを楽しみ、車を置いてきた、高麗神社に帰りました。
巾着田の彼岸花は見事です。しかしあまりに車と観光客が多く近くに至ることは難しく、遠くにお
いて歩いていくのがいいようです。ここは高麗王朝の王族が日本に亡命してこの地で栄え、鎌倉
や戦国の戦いにも豪族として参戦したとのことです。
9月の中旬は日高市の高麗川巾着田の彼岸花は見事ですよ。

2002年9月21日撮影

HOMER’S玉手箱 麹町ウぉーカー(麹町遊歩人) 会津見て歩記 甲府勤番風流日誌 伊奈町見聞記 鹿児島県坊津町