戻る    

高尾山(599m)
2006.11.25 妻と二人のパーティー 
快晴

登り 下山

930分:清滝ケーブルカー駅登山口出発
954分:表参道展望台
1016分:リフト乗り場
1020分:ケーブルカー乗り場
1024分:蛸杉
1029分:浄心門
1034分:男坂
1045分:薬王院
1059分:薬王院奥社
1113分:高尾山山頂(着)

11時30分:もみじ平
11
45分:一丁平()
1222分:一丁平()
1227分:城山(着)
1329分:富士見茶屋
1350分:弁天橋
1420分:相模湖駅

写真をクリックすると詳細写真をごらんになれます。
大混雑の高尾山
高尾清滝ケーブルカー駅前の紅葉
8時半に京王線高尾山口の駅に着いたときには、駐車場は満車で近くの食堂の駐車場に止めた。(駐車料金1000円)
高尾山口の駅の脇を沢沿いにケーブルカーの清滝駅に向かう。

ケーブルカー清滝駅の前は朝早くにもかかわらず大混雑している。駅の前にあるモミジやカエデが真っ赤に紅葉して見事である。
今回は表参道である1号登山道を登る。清滝駅の標高は約200mであり高尾山山頂599mまで標高差約400mを登る。
表参道は薬王院のまで車が入るため、舗装された急な道を登る。
途中で滝がありその先から道が分かれ展望台に向かう道がある。
この展望台からは眼科に八王子市街地、そして遠くに東京都心東京湾が望めるという。
ここにある大きなイチョウの木越しに見る景観はここまで展望の利かない急な登山道を苦労して登ってきたため格別である。
それからしばらく穏やかな登山道になり、しばらく行くとリフトの山上駅、さらにしばらく歩くと大きな展望台のあるケーブルカーの高尾山駅に出る。



薬王院の天狗サル園、蛸杉薬王院の山門「浄心門」があり、それから京王電鉄の寄進した朱 色の灯篭の並びを進むと、仏舎利塔の手前で薬王院に向かう108段の階段(男坂)と少しなだらかな登山道(女坂)に分かれる。いずれにしても先で合流して 薬王院に出る。その間には杉苗奉納碑が延々と続いている

まず四天王門をくぐり天狗の置かれた薬王院大本堂参拝して、奥の急な階段を登り飯縄権現堂(御本社)をめぐり本社の右奥から奥の院不動堂を過ぎその裏から、高尾山山頂への登山道となっている。山頂間では約20分の緩やかなルートである。

山頂はとても広いが、この日は紅葉も盛りであり、足の踏み場もないほどの登山者が、肩を寄せ合いながら弁当を食べていた。




富士山
南西に開けた山頂からは丹沢の山並み越しに雪をいただいた美しい富士山が姿を現して、多くの人を魅了していた。高尾山山頂からは13州が見渡せると書かれた碑があった(13州とは駿河、甲斐、信濃、越後、上野、下野、常陸、上総、下総、安房、相模、伊豆、武蔵である。)。

そして、奥高尾重走路とか彼か看板の脇を過ぎ急な坂を下り、少し登り返すと紅葉台茶屋があり、陽だまりで多くの人が休んでいる。ここにトイレがある。
そしてしばらく下り、そして穏やかな尾根の防火帯として開かれた明るい尾根道を歩くと、一丁平に出る。
高尾山の登山ルートはたくさんありいろんなルートから入り楽しむことができる。

トイレやベンチ、東屋があり小高い丘からは富士山が見え紅葉が見事である。高尾の紅葉は黄色い色よりモミジやカエデの赤い色が多い。


これからしばらく登り、最後に急な丘をに出るとそこが(小仏)城山 (670m)である。この山頂には無線の中継局があるがとても広い山頂であり昔小仏城があったといわれれば納得がいく。お茶屋の周りにはたくさんのベンチ とテーブルがあるが、ほぼ登山者で埋め尽くされており名物のおでん(500円)やなめこ汁(250円)をおいしそうに食べてい相模湖 弁天橋る。高尾山から約1時間ほど 縦走した城山ですらこの賑わいであるから年に250万人程の人が登るといわれる高尾山の人気の程が伺える。

この山頂からは高尾山より展望が開けており、高尾山、八王子方面、町田市方面、相模原方面が見えている。ここからの富士山も見事である。
そして相模湖方面に下り約1時間中央高速の騒音を聞きながら下ると眼下に墓が見えてきて人家に出ると、富士見小屋という茶屋があり、愛想のいいご主人がお茶を出してくれる。

ここで相模湖までのルートを聞きアンパンや漬物などを買って弁天橋に向かう。甲州街道(国道20号線)を横断して下ると美女川キャンプ場がありその前から弁天橋が対岸にかけられている。
弁天橋からの眺めは見事である。弁天橋から急な坂を5分ほど登り養護学校の前の道路に出て、発電所の前の相模湖ダムを渡り、大橋の前の急な階段を登り、右折して道なりに5分ほど歩くと相模湖駅に出る。
そして高尾行きの電車に乗り(約8分)、JR高尾駅で京王線に乗り換え、一駅で高尾山口にでる。乗換えが比較的スムーズに行き、2時27分に相模湖の駅を出て45分には高尾山口に着いた。このルートはマイカー登山者にとってなかなか便利なルートである。
写真をクリックすると詳細写真をごらんになれます。
2006年11月25日撮影

HOMER’S玉手箱 麹町ウぉーカー(麹町遊歩人) 会津見て歩記 甲府勤番風流日誌 伊奈町見聞記 鹿児島県坊津町