戻る 鹿児島県南さつま市坊津町

島津日新公のいろは歌

島津日新斉忠良公
明応元年9月23日(1492年)伊作亀丸城に生まれ、幼名菊三郎。21歳のとき伊作、田布施城主となり三郎左衛門忠良と称し、36歳のとき髪をそり相模守入道日新斉と号する。
その後、出水の島津実久の軍と加世田別府城で戦い1539年正月これを破り、加世田城主(現南さつま市加世田)となる。
薩摩を統一し島津氏が戦国大名の第一歩を踏み出す。息子の貴久公が本宗家守護職第15代を承継し、孫の義久(16代)と繋がっていく。
義久公の弟義弘公は関が原の合戦で徳川家康本陣をの正面を突っ切って島津豊久等多くの将兵を失いながらも伊井直政などの多くの武将に負傷を与え戦場を逃れた「島津の退き口」と呼ばれる薩摩武士の勇猛を天下に示した。
日新公は文武、神,儒、仏三教をきわめ、善政をひいた「薩摩の聖君」と呼ばれる。
中でも「いろは歌」は天文8年から14年ごろの作で、藩政時代から薩摩武士、士道教化、師弟教育の教典となった。今の時代にも通じる多くの教えを含んでいる。
高校生時代を加世田で過ごした者にとっては薩摩の殿様といえば日新公だった。
三年間過ごした下宿の床の間にも第一首「いにしえの・・」という一首が掛かっていた。
いにしえの道を聞きても唱えても 我が行いにせずばかいなし
楼の上もはにふの小屋も住む人の 心にこそはたかきいやしき
はかなくもあすの命をたのむかな 今日も今日もと学びをばせで
似たるこそ友としよければ交らば われにます人おとなしき人
ほとけ神他にましまざず人よりも 心に恥じよ天地よく知る
下手ぞとて我とゆるすな稽古だに つもらばちりも山とことのは
科ありて人をきるとも軽くすな いかす刀もただ一つなり
知恵能は身につきぬれど荷にならず 人はおもんじはずるものなり
理も法もたたぬ世ぜとてひやすき 心の駒の行くにまかすな
ぬす人はよそより入ると思うかや 耳目の門に戸ざしよくせよ
流通すと貴人や君が物語り はじめて聞ける顔もちぞよき
小車のわが悪業にひかされて つとむる道をうしと見るらむ
私を捨てて君にしむかわねば うらみも起こり述懐もあり
学問はあしたの潮のひるまにも なみのよるこそなおしずかなれ
善きあしき人の上にて身をみがけ 友はかがみとなるものぞかし
種となる心の水にまかせずば 道より外に名も流れまじ
礼するは人にするかは人をまた さぐるは人をさぐるものかは
そしるにも二つあるべし大方は 主人のためになるものと知れ
つらしとて恨みかえすな我れ人に 報い報いてはてしなき世ぞ
ねがわずば隔てもあらじいつわりの 世にまことある伊勢の神垣 
名を今にのこしおきける人も人も 心も心何かおとらん
楽も苦も時すぎぬれば跡もなし 世に残る名をただおもうべし
昔より道ならずしておごる身の 天のせめにしおわざるはなし
憂かりける今の身こそはさきの世の おもえばいまぞ後の世ならむ
亥にふして寅には起くと夕霧の 身をいたずらにあらせじがため
のがるまじ所をかねて思いきれ 時にいたりて涼しかるべし
思ほえず違うものなり身の上の 欲をはなれて義をまもれひと
苦しくとすぐ道をいけ九折の 末は鞍馬のさかさまの世ぞ
やわらぐと怒るをいわば弓と筆 鳥と二つのつばさとを知れ
万能も一心とあり事ふるに 身ばしたのむな思案堪忍
賢不肖用い捨るつという人も 必ずならば殊勝なるべし
無勢とて敵をあなどることなかれ 多勢と見ても恐れずべからず
心こそ軍する身の命なれ そろゆれば生きそろわねば死ぬ
回向には我と人とをへだつなよ 看経はよししてもせずとも
敵となる人こそはわが師匠ぞと おもいかえして身をもたしなめ
あきらけき目も呉竹のこの世より 迷わばいかに後のやみぢは
酒も水ながれも酒となるぞかし ただなさけあれ君がことの葉
聞くことも又見ることも心がら 皆まよいなりみな悟りなり
弓を得て失うことも大将の 心一つの手をばはなれず
めぐりては我身にこそは事えけれ 先祖のまつり忠孝の道
道にただ身をば捨てんと思いとれ かならず天のたすけあるべし
舌だにも歯のこわきをば知るものを 人はこころのなからましやは
酔える世をさましもやらでさかずきに 無明の酒をかさむるはうし
ひとり身あわれと思え物毎に 民にはゆるすこころあるべし
もろもろの国や所の政道は 人にまずよく教えならわせ
善にうつり過れるをば改めよ 義不義は生まれつかぬものなり
少しを足れりとも知れ満ちぬれば 月もほどなく十六夜の空

夫婦で登る日本百名山 麹町ウぉーカー(麹町遊歩人) 会津見て歩記 甲府勤番風流日誌 伊奈町見聞記 鹿児島県坊津町 Good Journey(よい旅を!)