坊津TOPに戻る  

一乗院跡と上人墓地

敏達天皇12年(583年)百済の僧日羅が仏教弘布のため建立したのが一乗院。その末寺は薩摩大隅の国内47ヶ寺、坊津でも18ヶ寺あったと言われ、日羅上人は自ら仏像三体を刻み、上中下の三坊舎を設けて安置しました。坊津の名称はこれに由来。
明治時代の廃仏毀釈で廃寺になってしまいましい、仁王石像が当時をしのぶ唯一の遺構である。お寺の上人の墓地が残されている。
元坊泊小学校後の門の脇にある大きな木の下に仁王像がある。
左下の狭い道を登ってくる。
仁王石像
 左側の仁王石像
 一乗院跡の説明版
 上人墓地の一つ
 上人墓地
 廃仏毀釈で壊された仏像

体も半分にされている
 上人墓地
 上人墓地の配置図

HOMER’S玉手箱 麹町ウぉーカー(麹町遊歩人) 会津見て歩記 甲府勤番風流日誌 伊奈町見聞記 鹿児島県南さつま市坊津町