戻る  

関東坊津会第26回総会

平成23年9月4日、東京都品川区大崎の三州倶楽部で第26回関東坊津会が開催されました。
毎年5月に開催されていましたが、2月に南さつま市関東ふるさと会が開催されたため、9月開催となったもの。
遠く故郷を離れた坊津出身者112名が集まり、又故郷南さつま市からは教育長出口定昭氏、市議会議長大原俊博氏、坊津並びに周辺町村の郷土会の代表者が来賓として参集し、約116名程の盛況でした。
森重厚会長の挨拶のあと来賓による故郷の近況の報告、ご挨拶を頂き、そのあと関東坊津会の活動報告が行われ、関東坊津会の歌を斉唱し総会は終了しました。
そして二部の懇親会に移り、坊津から届いたツケアゲやコガ焼き、カマボコに薩摩白波、坊津などの焼酎と懐かしい坊津の思い出話、そしておはら節などの踊り、そして最後の抽選会で盛り上がり楽しい一時が終了しました。
森重厚会長の挨拶によって関東坊津会第26回総会が開催された。
南さつま市
出口定昭教育長による小中一貫教育の坊津学園の紹介と校旗の紹介
旗は青い坊津の海に旧坊津町のマークの遣唐使船をデザインした船が白い波をかき分けて海原に乗り出そうとしているデザインである。
故郷から運ばれてきたツケアゲ(さつま揚げ)とコガヤキ、かまぼこ。そして煮つけの盛り合わせ。ツケアゲとコガヤキの皿は宴会が始まった途端になくなってしまった。
この日の焼酎は我らの故郷の焼酎
さつま白波、坊津
特別出演の関東さつま南の会の皆さんによる「鹿児島小唄」、「ハンヤ節」、「河内おとこ節」、「おはら節」
三州会館の庭先にはカイコウズの花が咲いていた。鹿児島県の県の木です。

(別名 アメリカ・ディゴ)
目黒のさんま祭り
目黒駅から午前11時に会場に向かう時にも約2時間ほどかかる行列ができていたは、総会が終わって4時に帰るときもまだ行列ができていた。
宮古から送られてきたさんまを焼き、大根おろしに、スダチ、それにべったらづけが2枚添えられてとても美味しそうだった。
ねむの木の庭
美智子皇后の生家の跡地を港区が皇后の歌にちなむ木々や花々を植えて保存している。
何と中央のねむの木の前には「薩摩なる喜入(きい)れの坂を登り来て 合歓の木の花見し夏の日想ふ」というお歌があった。
近くですからぜひ訪ねてください。
2010年の25回総会の様子

2011年9月4日撮影


夫婦で登る日本百名山 HOMER’S玉手箱 麹町ウぉーカー(麹町遊歩人) 会津見て歩記 甲府勤番風流日誌 伊奈町見聞記 鹿児島県坊津町