TOP 戻る  

亀ヶ岡

坊津町落水と大浦の間にある亀ヶ岡は以前は無線中継所であったが現在公園として整備され、薩摩半島の突端を展望できるスポットになっている。
この日は早朝で天気がよく開聞岳もその端正な姿を見せていたが、なにせ逆光で写真をを紹介できないのが残念である。
遊歩道が整備されておりハイキングも楽しめる。以前は大裏側からしか林道がなく、坊津側からは落水から登山の必要があった。しかし、現在では落水から大浦を結ぶ林道が整備されておりクルマでドライブコースとして設定しやすい楽しみやすい場所となっている。
晴れていたら北西に金峰山が見え、金峰山の右奥に桜島の御岳が、金峰山の左(北側)に霧島の高千穂の峰と韓国岳が見える(カシミール3Dで確認)。
立神岬
とそこに聳える今岳山(268m)とその手前が今藤峠。
立神の岬と今岳山の間にある山が長者山(251m)。
今岳山と長者山の間の手前の入り江が閼伽の間(あかのま)
国土地理院の地図を見ると長者山には二等三角点がある。
亀ヶ岡の無線中継所

左下に沖秋目島(びろうじま)
亀ヶ岡にも三角点があり、その先の野間岳は一等三角点である。
大浦干拓
昭和45年:国営大浦潟干拓工事第二工区完成。(第1工区1958・県営1961に完工。すべて併せて面積356.8ヘクタール)

2006年(平成18年)8月14日 午前7時20分撮影 撮影地

 


夫婦で登る日本百名山 麹町ウぉーカー(麹町遊歩人) 会津見て歩記 甲府勤番風流日誌 伊奈町見聞記 鹿児島県坊津町 Good Journey(よい旅を!)